効果的な損切りを心がける

 


 どの投資取引においても同じことではあるのですが、利益をいかに大きく取り、損失をどれだけ小さく抑えるか、これが投資での基本になり、最も必要な事柄になります。

これを行うためには、損失を自ら取り込んで最小に止める、損切りという手法が必要になるのですが、これに失敗すると投資資金を大きく減らすことになり、資産の運用が大きく後退します。

為替レートの変動を利用して行うFXの投資では、これが特に顕著だと言えるでしょう。
一回ごとの取引きの展開も早く、取引業者に預ける証拠金を元に資金を融通してもらい、大きな量の通貨を取り扱えることができるようになるレバレッジを、大きな倍率で視聴した取引きなどでは、一瞬の判断の遅れで、大きな損失を生み出すこともあります。

また、取引きを行う外国為替市場は、世界中の為替相場が連携して形作っている巨大な仮想市場であるために、24時間休むことなく秒単位で刻々とそのレートの変動を行っているために、数ある相場取引の中でも、特に判断と損切りが難しい取引きであると知られています。

自分の保持している通貨に対しての含み損を正確に把握し、どれだけ早くそれを見極めて、タイミングよく損切りを行えるかという事が、FX取引の肝であると言っても過言ではないと思います。

先の通りに、為替相場は刻々と変化しますし、それをコントロールすることはできないため、利益を取るときはじっと待ち続ける、損切りはなるべく早く行う、これによって資産を増やしていく事がFX取引の主になりますので、気まぐれでしか膨らんでいかない利益の大きさを、自分の意思でどれだけ小さく抑え込み、その足を引っ張らないようにしていくかで、成功する投資家と、失敗する投資家に分けるのです。

損切りをするタイミングを掴むためには、試行錯誤が必要になります。
まず、相場の予測は有効な判断材料になるでしょう。ファンダメンタル分析やテクニカル分析を用いて相場の動向を探り、例えばそのあとに好材料がありそうであれば、そこで損切りをして次を待つことができます。

このような明らかな材料がある場合は損切りが行いやすいですが、そうでない場合は指針がないために判断に迷います。
判断に迷うと、人間は過去の経験などに頼ることになり、リスクを回避するのではなく、先送りにするという心理に入り込みます。
例えば、なんの判断材料もない状態で、目の前に損失を抱えた通貨があった場合、過去に損切りを行った直後に為替レートが上向いていった、というような経験があれば、それを指針にしてしまい、損切りをせずにじっと待ってしまいます。

このようなことを防ぐためには、損切りを行う指針、つまりルールをあらかじめ決めてしまう事で対処できます。
取引きを行う前に、損切りを行う条件を設定しておき、実際に取引きを行う場合には、そのルールに従って損切りを行うようにするのです。
判断に迷う時には、このルールが指針になりますので、躊躇う事なく損切りが行えますし、ルールを運用していくうちに損切りが取引に合わないと感じてきた場合には、そのルール設定を見直して再び運用をしていくのです。

損切りのルールは独自のものでいいでしょう。一番わかりやすいのは、投資した金額からどのぐらいの損失が出たら損切りを行うというものになると思います。また、投資資金の10%の含み損で損切り、というのもいいですし、投資を行ってから20分経った時点での含み損は損切りする、という時間で決めるタイプもあると思います。

ここで大切なのは、この損切りルールを必ず守るという事で、調整することは構いませんが、その場の裁量でのルール変更をしないようにしておかないと、ルールが簡単に形骸化しますので注意が必要です。

こうしたことを続けて行っていく事で、損切りという行為に感覚が慣れていき、また損切りのタイミングなども身に付いてきますので、損切りがどうしても身に付かない場合には、こうしたことを行ってみるとよいでしょう。

All Rights Reserved at Binary88.NET